toggle
Dec 27, 2018

あなたはヘアアイロンの使い方でこんな間違いをしていませんか!?

髪の長さや髪の明るさも同じ位な姉妹がいます。
毎日のヘアスタイリングではヘアアイロンを使って同じようなヘアスタイルをして周りからもそっくり姉妹と言われる2人。
共通のファッションや髪形を楽しみ過ごす日々の中で少しづつ髪の毛に違いがでてきました・・・。
一人は毛先まで枝毛のないツヤツヤの髪、もう一人は毛先に向けてダメージしたボロボロな髪。
・何が違いを生じさせたのでしょうか?
同じ姉妹で全く同じ髪質って事はありえませんが、同じ条件で生活していて姉妹のチョットした意識の違いで髪の毛に与えるダメージに違いが生じたのです。
それは「熱ダメージ」
・熱が与える髪への影響
髪の毛はたんぱく質で出来ているのでヘアアイロンで与える温度や回数によりダメージが著しく変化してしまうのです。
(例:卵(髪)フライパン(ヘアアイロン)で目玉焼きを焼く工程をイメージしてもらえると分かりやすいのですが、生卵~半熟~固形~焦げる)
熱の与える事で髪の毛が徐々に固くなって最後には焦げてボロボロになっていく)
極端ですが、アイロンの熱による髪の毛へのダメージは回数を重ね蓄積される事で大きな違いを及ぼすのです。
・基本のヘアアイロン温度は「150°」
髪の毛の太さ細さにもより若干低めの温度でも大丈夫ですが、基本は150°より温度を上げない事がなによりも重要なのです。
姉妹の一人は150°設定のヘアアイロンでスタイリング・もう一人は210°設定のヘアアイロンでスタイリング、温度の違いが髪の毛に大きなダメージの差を与えてしまったのです。
・ヘアアイロンの新たな可能性
何気なく毎日使っているヘアアイロンですが、カールがすぐつく、艶が出るから、ついつい温度を上げ気味にしていませんか!?
低温なのに艶が出てダメージが軽減できるアイロンが欲しい!!!
そんな皆様の要望にお答えする商品の登場しました。
※ツチノコの様な風貌にそぐわないハイスペックな性能にGLAD.スタッフも驚愕※
「遠赤外線ナノチタンプレートアイロン」・・・重要なポイントはダメージの少ない熱で髪の毛にアプローチする事
温度設定は低くても、熱を効率的に伝える事が出来れば短い時間でツヤツヤな髪の毛スタイリングできます。
ナノチタンプレート・・・アイロンの熱を高効率に髪の毛に伝えるので髪の水分と潤いを閉じ込め艶が増しヘアスタイルをロングキープしてくれます。
遠赤外線・・・赤外線ジェネレーターで膨大な量の赤外線を発生させます。とても柔らかくでダメージの少ない熱で健康的な髪の毛を保ちます。
さらに赤外線の効果でカラーの色もちをよくし、毛髪の損傷を防ぎます。フケや雑菌を取り除く事により臭いを抑制します。
ストレートアイロンの中央部分に赤く光る部分が遠赤外線 それを覆うように上下にあるのがナノチタンプレートです。
・根元や顔周りの細かいクセが気になる方は左の通常幅タイプ
・中間~毛先のうねりが気になる方は右の幅広タイプがおススメで、しかも短時間でアッと言うまに艶髪を手にする事が出来ます。
ちなみに商品化までにはもう少し時間がかかりそうですが、どうしても気になる方はスタッフに一度お声かけ下さい。
サロンでお試しが出来ます!!!
メーカーとGLAD.で意見交換を重ね、さらに進化した美容商品をリリースしていくので今後の展開を楽しみにしていてください。
 
20年培った美容師経験で、あなたをまとまりのあるツヤ髪に変えます!
ヘアカウンセリング(無料)だけでも全然OKです!
気軽にご来店下さい。
 
店長 上野 善弘
GLAD. 
03-6427-5732
東京都港区南青山5-7-23始弘ビルB1
Comment





Comment



関連記事

最新記事