toggle
Oct 8, 2015

骨格!!

こんばんは、GLAD.布施です。

 

 

 

今夜のテーマは『骨格』です!

 

 

 

骨の形は十人十色、さらに左右非対称。

普段、髪を乾かす時も左側は決まるのに右がイマイチ・・・。

 

みたいな事が起きる事があると思います。

その原因のほとんどが、骨格だと言っても過言ではありません。

 

 

 

まずは我々、カットを担当する美容師が骨格を理解して

極力、お客様に手間をかけさせないで、イメージ通りの

スタイルを家で再現できる様な技術を提供しなくてはいけません。

 

美容師も、100%骨格を理解するのはなかなか難しいので

お客様自身が自分の骨格に向き合う事になります。

 

 

 

それでは自分の骨格をみてみましょう!

 

・ 鏡の前の自分の頭が左右でどちらが膨らんでいるか?(見た目)

・ 耳の後ろにある骨は左右同じ様に膨らんでいるのか?(触感)

 

日本人の大半が後頭部左側は凹凸が激しくボリュームが

出るし跳ねる。トップのボリュームも出ない!

更に左の側頭部(もみあげ付近)は跳ねる!

 

自身の骨格情報を多く持ってブローに臨むと、その部分に対して

対処する事ができる。

 

 

後頭部左側のボリュームは乾く前の段階からその部分の

根元をつぶしボリュームダウンを促す。

 

トップのボリュームを出すには、いつもの分け目と反対側から

風をあて根元の生えグセと反対の動きをする。

 

右側もみあげは根元をしっかり起こしながら顔を包む様に乾かす事で

跳ねなくなります。

 

 

 

まずは自分の頭の形に興味を持ち、乾かした後に気にかかる事の多い

部分の骨格がどうなっているか知り、対処する。

それを繰り返す事でウィークポイントが徐々に解消されていく。

 

対処法が分からない場合は担当スタイリストに相談して

解消してください。

 

 

 

 

GLAD.(グラッド)

布施 宏

Comment





Comment



関連記事

最新記事