toggle
Apr 24, 2015

紫外線と共存する(紫外線による髪の毛のダメージ、予防・ケア方法について)

紫外線から髪の毛を守る事の重要性・・・

暖かくなると海や山、行楽地など野外でのイベントが増え活発的な日々が始まりますね。

陽気がよくなってくると共に、徐々に紫外線の量も多くなってきてるんです!!!

5月から〜9月にかけては、特に紫外線の量が急激に増加します。

62a0069a0520907105829d2b8cf45e28_m

 

 

 

 

 

 

お肌や顔に対する紫外線のケアはかなりスタンダードになってきてましたが、頭皮や髪の毛に対する紫外線ケアはまだまだ浸透していないの現状です。

春から夏になるにつれて多くなってくる、髪の毛や頭皮の悩みベスト5を見てください。

1位 紫外線のダメージ
2位 頭皮のベタつき
3位 気温による頭皮の不快感
4位 広がる
5位 頭皮のニオイ

思い当たる事が何個ありましたでしょうか?

やはり1位は紫外線のダメージ・・・具体的に紫外線のUV-B(可視光線)が一番髪の毛にダメージを与えます。
髪表面のキューティクルが紫外線の影響で、シワがよってめくれ上がり荒れてしまいます。
指触りのざらつきとツヤの低下に繋がります。次に髪の内部は太陽光の影響で活性酸素の量が多くなり、それにより髪の酸化が進み、弾力性や保湿力が低下してしまう。髪が固くなってしなやかさが無くなります。

さらにキューティクルが損傷する事で、髪の内部のタンパク質が流失したり、カラーの色が抜けやすくなったりと
髪の毛にかなり悪影響を及ぼします。

ca0debde9ba44dbd0373c676113ffd4c_m

 

 

 

 

 

予防方法としては、日に当たらないようにする、日傘をさす、毛先をなるべくコンパクトにまとめて帽子を被る、

髪の毛用のUVプロテクトスプレーを使うなどです。

海やプールに入る場合は、UVスプレーをかけて、髪の毛が濡れて流れないよう注意する事。万が一濡れてしまったら、再度塗り直すなどを心がければいいですね。

でも夢中で遊んでしまってダメージしてしまっても、アフターケアでだいぶ変わります。

DSC_0517

 

 

 

 

 

先に書きました、キューティクル表面と内部のダメージしてしまった部分にしっかりと作用する
トリートメントやホームケア商品もあります、諦めないで大丈夫ですので気軽にご相談下さい。

その時に出来る最高の状態にして、気持ちの良い、快適な日々を過ごしていただけますようサポートさせていただきます。

 

GLAD.

上野 善弘

ブログにもヘアケア情報を書いてます!!!

 

Comment





Comment



関連記事

  • Jun 22, 2018
    NEW!!

    みなさんこんにちは!! アシスタントの佐竹です!!   雨の日が多く髪の毛がまとまりにくい時期が 続いていますが皆様いかがお過ご...

  • Jun 15, 2018
    懐かしき

    こんばんは。 アシスタントの山田です。 関東も梅雨の時期に入り過ごしにくい 季節になってきました…   先月、地元新潟でお仕事が...

  • Jun 5, 2018
    想像以上。。。

    こんにちは! アシスタントの青山です! 今回皆様に紹介させて頂くのは、僕も先輩に紹介して頂いたラーメン屋さんです! そのお店の名前はハスミ...

最新記事

  • Jun 22, 2018
    NEW!!

    みなさんこんにちは!! アシスタントの佐竹です!!   雨の日が多く髪の毛がまとまりにくい時期が 続いていますが皆様いかがお過ご...

  • Jun 15, 2018
    懐かしき

    こんばんは。 アシスタントの山田です。 関東も梅雨の時期に入り過ごしにくい 季節になってきました…   先月、地元新潟でお仕事が...

  • Jun 5, 2018
    想像以上。。。

    こんにちは! アシスタントの青山です! 今回皆様に紹介させて頂くのは、僕も先輩に紹介して頂いたラーメン屋さんです! そのお店の名前はハスミ...