toggle
Apr 7, 2018

新メニュー

 

みなさん、そろそろ暖かくなってきて
過ごしやすい季節になってきましたね~
現在GLADでは数ヶ月後から導入される新メニューの勉強中です。
年齢を重ねていくと、細毛や薄毛、
AGAなど髪と共に頭皮環境などもケアが必要になってまいります。
自分の頭も気になっているので
勉強にも力が入ります。。
年齢を重ねるといっても早い人は20代から徐々に症状が出てきます。
現在お悩みのお客様、先手を打ちたい20代のお客様、皆さまもう少々お待ちくださいね。
スタッフ一同頑張っておりますよ~

GLAD.末平

Jan 7, 2018

乾燥対策の時期ですね

あけましておめでとうございます。
今年は去年よりも寒い感じがしますね。
髪は乾燥するとキューティクルが剥がれやすくなり、そこから水分が蒸発してしまうので、パサパサしたり、広がりやすく、まとまらない季節。

加えて服やマフラーとの摩擦で静電気が起こってしまうので洗い流さないトリートメント等を使用するのが良いと思います。
キューティクルは摩擦や熱に弱いとされているため、これらを防いでいくと、髪の乾燥対策になるでしょう。

濡れたままの髪の毛をそのままにしておくと、乾燥が進んでしまいますよ。
風邪もひいてしまうし、、
濡れた髪は早めにタオルドライをして、ドライヤーで乾かすようにしましょう!

ドライヤーを使うときは、髪の至近距離から温風を当てると一般的には乾燥が進んでしまうので、普段は少し髪から離し気味にして、小刻みにドライヤーのヘッドを動かすようにしながら乾かしてくださいね〜。

仕上げにも、流さないトリートメントを少しつけて外気の乾燥から防ぎましょう。もちろん定期的なサロンでのトリートメントはマストです。春まで大事な髪を守りましょうね、、

では。。

GLAD.末平

Dec 1, 2017

今回はブローについて。。。

今年もあと少し、クリスマスや元旦
大掃除に年賀状と楽しい事と面倒な事が盛り沢山な時期になりました。

前回はシャンプーなどについて書かせていただきましたが、今回はブロー。
乾燥の時期だから水分をしっかりキープする事が大事です。髪が濡れたまま自然乾燥してしまうと必要な水分も蒸発してしまうのと菌の増殖により頭皮の匂いの元にもなってしまいます。
髪が濡れた状態で始めからブラシを使ってブローをしようとすると髪を痛めてしまいますから、80%から90%くらいまで手で根元を中心に乾かしてからブラシを使ってブローしましょう。
手順は
1.トリートメントをつけてとかす。
とかして全体にいきわたらせましょう。2.根元を中心に乾かして、ほぼ乾いたら
中間から毛先に向かって指でとかしなが
ら乾かします。
3.仕上げにブラシを通したり、ウェーブス タイルなら揉んだり、ねじったりして髪の方向づけをしてあげましょう。
4.最後に冷風で整えてあげるとツヤがアッ
プです。

 

このポイントを守るだけで、髪がまとまりやすくなり、翌日のスタイリングが確実に楽になりますよ。
面倒な作業ですが少しのコツを掴むだけで毎日サラサラ、ストレスフリーです。
乾燥の時期だからこそしっかりケアしながらブローしましょうね〜

次回はブローのボリュームコントロールについて書かせていただきたく思います。

末平

Oct 21, 2017

気になるヘアケア第1弾

寒いですね。

季節が変わり、髪も夏の紫外線などのダメージで何とかしたい。
サロンでトリートメントもしたいけど
家でも髪に気をかけてあげたい気も、、
でも、どうすれば、、
その前にまずは基本のシャンプーについて
おさらいです。
シャンプーの目的は汚れと油分を洗い流す事。ポイントは、指の腹で優しく、頭皮をマッサージするように洗います。
爪を立てたり、頭皮に傷がついたり水分が過剰に失われ、炎症などのトラブルになってしまう恐れが。

また、洗い残しも、かゆみやふけの原因になる可能性があるのでしっかり洗い流しましょう。

トリートメントの目的は、髪の毛の内側にタンパク質などの栄養成分を入れ込み、
ダメージを補修することです。

注意点は髪につけたトリートメントを長時間放置すると高い効果が得られると思っている方、表示の時間で充分効果は発揮されます。

コンディショナーの目的は、髪の毛の表面を保護し、キューティクルを整えてくれることです。
トリートメントやコンディショナーはつける時は毛先から、そして全体を粗めのクシでとかしてあげるとまんべんなく行き渡ると思います。
使用する順番は1.シャンプー2.トリートメント3.コンディショナーです

コンディショナーは必ず使わなくてはいけないわけでもなく、髪のダメージレベルや髪質にあったトリートメントを使用すれば、コンディショナーを使用しなくても自宅では十分です。

トリートメントを選ぶ際には、シリコンが入りすぎたものは良いとは言えません。
カラーリングのムラ染まりの原因になったりベタつきやニオイの原因になることがあります。
以上を踏まえた上で楽しいシャンプータイムを満喫してください。
わからない、どのシャンプーが良いか悩んでる、、などは是非スタッフへ。
常時20種類以上のシャンプー、トリートメントを取り扱っておりますので、お客様のご希望に合ったシャンプーアドバイスさせていただきます。